クリニックとサロンの違いとは?

脱毛サロンとは違い、脱毛クリニックでは、医療用レーザーを使用して脱毛処理を行います。初心者の方の多くが、脱毛をするなら、自分で行うのか、それとも脱毛サロンに通ったほうが良いのか。脱毛クリニックに行くべきなのかと迷っていることでしょう。
ここでは、脱毛クリニックとサロンの違いなどについて紹介していきます。

クリニックとサロンとの違いは?

一番初心者の方が気になる疑問といえば、サロンとクリニックの違いではないでしょうか。基本的に大きな違いは、クリニックは出力の高い医療用レーザーを使って施術しているということです。
エステティシャンが施術することができるサロンに対して、クリニックでは医師免許を保有しているドクターが施術を行うのが一般的です。このため、医学的な観点から安全に脱毛処理をすることが出来るわけです。

料金の違い

クリニックとサロンでは、料金の違いが大きいと言われています。一般的にサロンで脱毛をした場合には、一度に数千円といったコストで脱毛が可能です。全身脱毛になったとしても、高くて30万円いくかいかないかといったところでしょう。
一方でクリニックの場合には、50万円前後は平均して掛かります。サロンと比較するとハイコストに思われますが、施術の回数が少なく済むこと。更に、施術後の脱毛効果が半永久的に続くといったことを考えると、高い効果とスピードを考えれば、妥当なコストといえるでしょう。
また痛みも伴うのがクリニック脱毛の特徴です。出力が高いマシンを使用しているため、痛みは当然に伴い、中では涙が出るほどに激痛を伴うという意見を持っている方も存在します。ただし痛みに比例して、脱毛効果も高いことを覚えておきましょう。

関連記事: