クリニック脱毛は本当に激痛を伴うのか?

クリニックでの脱毛は、サロン脱毛よりも痛みを感じたり、思わぬ肌トラブルに晒されるなんてことが口コミで言われています。しかしながら、ネガティブな情報の全てが真実とは限りません。
脱毛サロンのインターネット上のネガティブキャンペーンでありもしないことを書いているコンテンツも沢山に存在します。ここでは、クリニック脱毛で用いられているアレクサンドライトレーザー機器で施術を受けるとどうなるのかを紹介します。

気になる痛みはどのくらいなのか

医療用レーザー機器を使った脱毛施術で共通しているのは、やはり痛みを感じるという意見です。しかしながら、脱毛サロンでのフラッシュ脱毛でも、VIOラインなどの濃く、太い体毛を処理する場合には、痛みを感じるわけです。
一方で涙が出るほどに痛いという意見が多いというイメージがある医療用レーザーでの施術ですが、深い痛みではあったものの、そこまで耐えられないくらいのレベルではないという意見も多く見られています。
また、クリニックによっては、局所麻酔の処置をしてくれるクリニックもありますから、痛みに弱かったり、敏感すぎる方なら、局所麻酔を行ってくれるところを選ぶと痛みの心配はなくなります。

効果はかなり高い

医療用レーザーへの痛みが想像したほどに高くなかったという意見が多い一方で、脱毛効果の高さはほとんどの体験者が満足の声を上げています。痛みがある程度にある分、我慢してよかっただとか、仕上がりには満足しているという意見が多く見られます。
また、施術後の仕上がりばかりではなく、その後の経過に対しての満足度も高いです。5年ほどしても、ほとんど毛が生えず、生えてきてもこするだけでポロポロと抜け落ちる状態になるようです。

関連記事: