レーザー脱毛をする際の注意点は?

レーザー脱毛をクリニックで行った際には注意すべき点があります。ここでは脱毛クリニックで脱毛をする際に注意すべき点を紹介していきます。
クリニックで医学的知識があるドクターに施術をしてもらうのだから、任せっぱなしというのは、あまりにも他力に頼りすぎています。トラブルに見舞われないためにも、自分にマッチしたクリニックを選ぶためにも、正しい知識を把握しておきましょう。

毛周期が休止期のタイミングでは効果がない

体毛には毛周期という一定のサイクルがあります。成長期、休止期、退行期という大きくわけて3つ存在しているのですが、実はレーザー脱毛を初めとして脱毛施術は、成長期に行うことで効果を発揮すると言われています。
これはクリニックなどであれば、簡単に調べることが出来ますから、成長期に合わせ期間を空けながらレーザー施術を行うのが一般的です。いくら急いでいても休止期に訪れた場合には、施術を受けることが出来ないわけです。
こういった知識は、最低限に覚えておくべきものなのです。自宅で自分の毛周期を把握出来ている方はいないでしょう。だからこそ、自己処理は危険であり、逆に体毛を濃くしてしまう。更に肌トラブルにも見舞われるわけです。このため、脱毛サロンや脱毛クリニックにかよって脱毛するのが基本になるのです。

日焼けは厳禁

脱毛クリニックでもサロンでも、施術前後に禁止されていることがあります。それは日焼けです。レーザー脱毛機器のメカニズムは、体毛の黒い色、メラニン色素に反応して照射されるようになっています。
ですから、肌を黒く焼いてしまった場合、日焼けした肌そのものに反応してレーザーが照射されることになりますから、全身火傷を起こしてしまいかねないのです。

レーザー治療の後に毛を抜いてはいけないのは?

クリニックでの脱毛の場合には、レーザー脱毛器を使って施術が行われることがほとんどになります。こういった場合に気になるのは、レーザー脱毛後の処理です。多くの方がボロボロと取れるため、思わず毛を抜いてしまうといったことが多いのですが、毛の抜きすぎはリスクがあるという意見も存在しています。
ここでは、レーザー脱毛後に毛抜きをしてしまうのは、大丈夫なのかどうかについて紹介します。

基本的に毛を抜くのは厳禁

クリニックでレーザー脱毛をした経験がない方の多くは、どのくらいでツルツルの状態になるのかの過程を知りません。ですから、初回の施術後などには、毛がなかなか抜けていない仕上がりになってしまっているのを見ると、ついつい毛抜きなどで抜いてみたくなるものです。
しかしながら、ほとんどクリニックでは、施術後の毛抜きは厳禁としています。なぜ施術の後に毛を抜いてはいけないのでしょうか。

脱毛効果を失わせる?

なぜレーザー脱毛後に毛を抜いてはならないのか。基本的に体毛や髪の毛などは、毛周期という2ヶ月ないし3ヶ月といったサイクルで生え変わっています。クリニックなどでは、この周期に合わせ、最も効果が高くなるタイミングで施術を行っているのです。
せっかく行った施術でも、その後にダメなタイミングで毛を抜いてしまうと、せっかく効果を高めた周期も同じようなムダ毛が生える状態に戻してしまうわけです。結果として、脱毛効果が落ち、返って施術期間が長くなることになるのです。
早く処理したいのは分かりますが、ムダ毛を敢えて生やさせて、その後にレーザーを照射して処理するといったことで効果を発揮することを覚えておきましょう。ですから、決して気になるからといって抜いてはダメなのです。

クリニック脱毛は本当に激痛を伴うのか?

クリニックでの脱毛は、サロン脱毛よりも痛みを感じたり、思わぬ肌トラブルに晒されるなんてことが口コミで言われています。しかしながら、ネガティブな情報の全てが真実とは限りません。
脱毛サロンのインターネット上のネガティブキャンペーンでありもしないことを書いているコンテンツも沢山に存在します。ここでは、クリニック脱毛で用いられているアレクサンドライトレーザー機器で施術を受けるとどうなるのかを紹介します。

気になる痛みはどのくらいなのか

医療用レーザー機器を使った脱毛施術で共通しているのは、やはり痛みを感じるという意見です。しかしながら、脱毛サロンでのフラッシュ脱毛でも、VIOラインなどの濃く、太い体毛を処理する場合には、痛みを感じるわけです。
一方で涙が出るほどに痛いという意見が多いというイメージがある医療用レーザーでの施術ですが、深い痛みではあったものの、そこまで耐えられないくらいのレベルではないという意見も多く見られています。
また、クリニックによっては、局所麻酔の処置をしてくれるクリニックもありますから、痛みに弱かったり、敏感すぎる方なら、局所麻酔を行ってくれるところを選ぶと痛みの心配はなくなります。

効果はかなり高い

医療用レーザーへの痛みが想像したほどに高くなかったという意見が多い一方で、脱毛効果の高さはほとんどの体験者が満足の声を上げています。痛みがある程度にある分、我慢してよかっただとか、仕上がりには満足しているという意見が多く見られます。
また、施術後の仕上がりばかりではなく、その後の経過に対しての満足度も高いです。5年ほどしても、ほとんど毛が生えず、生えてきてもこするだけでポロポロと抜け落ちる状態になるようです。

クリニックとサロンの違いとは?

脱毛サロンとは違い、脱毛クリニックでは、医療用レーザーを使用して脱毛処理を行います。初心者の方の多くが、脱毛をするなら、自分で行うのか、それとも脱毛サロンに通ったほうが良いのか。脱毛クリニックに行くべきなのかと迷っていることでしょう。
ここでは、脱毛クリニックとサロンの違いなどについて紹介していきます。

クリニックとサロンとの違いは?

一番初心者の方が気になる疑問といえば、サロンとクリニックの違いではないでしょうか。基本的に大きな違いは、クリニックは出力の高い医療用レーザーを使って施術しているということです。
エステティシャンが施術することができるサロンに対して、クリニックでは医師免許を保有しているドクターが施術を行うのが一般的です。このため、医学的な観点から安全に脱毛処理をすることが出来るわけです。

料金の違い

クリニックとサロンでは、料金の違いが大きいと言われています。一般的にサロンで脱毛をした場合には、一度に数千円といったコストで脱毛が可能です。全身脱毛になったとしても、高くて30万円いくかいかないかといったところでしょう。
一方でクリニックの場合には、50万円前後は平均して掛かります。サロンと比較するとハイコストに思われますが、施術の回数が少なく済むこと。更に、施術後の脱毛効果が半永久的に続くといったことを考えると、高い効果とスピードを考えれば、妥当なコストといえるでしょう。
また痛みも伴うのがクリニック脱毛の特徴です。出力が高いマシンを使用しているため、痛みは当然に伴い、中では涙が出るほどに激痛を伴うという意見を持っている方も存在します。ただし痛みに比例して、脱毛効果も高いことを覚えておきましょう。