アレクサンドライトレーザーの副作用と安全性は?

脱毛クリニックで最も導入されているとされるアレクサンドライトレーザーですが、その高い脱毛効果は知っているけれど、そんなに高いなら副作用や肌トラブルなどのリスクも高いのではないかという疑問を持たれる方も少なくないことでしょう。
ここでは、アレクサンドライトレーザーの安全性について紹介していきましょう。

アレクサンドライトレーザーで報告されている副作用は?

アレクサンドライトレーザーでよく見られる副作用として代表的なのは、毛穴が膨らんで見えるといったもの。他にも、赤い斑点が出来てしまったというものです。これは施術を受けた人間が全員なったということではなく、その方の皮膚の状態や健康状態によって起こってしまったパターンです。
しかしながら、このようなトラブルが起こってしまったとしても、そもそもがクリニックなわけですから、軟膏などの処方箋を出してくれることになりますから、アフターケアの心配はありません。
他にもダメージを与えたムダ毛が毛穴から上手く抜けないといった状態になると、毛嚢炎を起こしてしまうなんてこともあるようです。これも抗炎症剤などを処方してもらえますから、安心です。

国家機関から許可を受けているマシン

アレクサンドライトレーザーに関しては、アメリカの健康食品などの販売許可を出しているFDAという国家機関が許可を出されています。つまりは、美容技術のトップを走っている国の国家機関から、安全性についてお墨付きを頂いているマシンであるということです。
適当な調査ではなく、どんな肌にも対応できるマシンであるかどうか。効果はしっかりと見られるのか、安全面に関しては重篤なリスクを伴うものではないのかなど、厳しい条件をクリアしている商品なのです。

関連記事: